GTRとは

歯周病が進行をしてしまうと、歯槽骨といって、歯を支える働きのある骨が溶けてしまう可能性があります。

 

オーラルデンタルクリニック川崎がおすすめです。

 

もし歯を支える骨が溶けてなくなってしまうとインプラントなどをしても、しっかりとした土台を作ることができなくなってしまいます。そこで、土台を再び築くために、GTRという治療法が用いられることもあります。

 

 

 

GTRは、まず溶けてなくなってしまっているところを洗浄し、細菌がない状態を作り出します。そのうえで、人工で作られた膜を使ってふたをするのです。そして、骨が集中して再生することができるようなスペースを確保するのです。こうして、歯の土台づくりを促していくわけです。

 

 

 

GTRによって、歯の土台づくりをするのにかかる時間ですが、個人差があります。早い人だと3カ月も経過をすれば、十分な土台を作り上げることができるかもしれません。しかしGTRの治療をする人の中には、半年程度様子を待たないといけなくなってしまう場合もあります。