無痛治療とは

歯が痛くなってしまって、調べたら虫歯だった、、、。
でも虫歯の治療って痛くて嫌だな、、、
というのが、実際の本音では無いでしょうか。

 

虫歯の治療で痛く無い治療法があれば、最高ですよね。
最近では、この歯の無痛治療法がいろいろと開発されているようです。

 

歯磨きや定期診断をいくらおこなっていても、
虫歯になってしまう場合がありますよね。

 

虫歯治療には、一般的には虫歯の部分を削りますが、
これが痛みの原因でもあるといえます。

 

無痛治療の代表として、完全無痛麻酔というのがあります。
気になる方は、一度歯科などに問い合わせをしてみて、
チェックしてみて下さい。

 

やっぱり痛みを感じないで歯を治療したいですよね。

インプラントのメリット

インプラントによる歯の治療を希望する人は多いです。その理由の中の一つに、インプラントは動かないということが挙げられます。

 

インプラントは、人工歯根をあごの骨に直接埋め込みます。土台がしっかりするので、動くことがないのです。歯茎の上にカバーをしているだけの入れ歯と、安定感が大きく異なります。

 

もし入れ歯のように、簡単に動いてしまうと、いろいろなデメリットが生じてしまいます。まずは、しっかりと噛むことができなくなります。入れ歯の人は、かたい食べ物を食べることができなくなってしまいます。これは、入れ歯が動いてしまって、かむ力が衰えてしまっていることと大きく関連しています。

 

また入れ歯が動くことで、歯茎にぶつかる頻度もどうしても多くなってしまいます。すると、歯茎に傷ができやすくなって、歯茎に痛みを感じる可能性が高くなってしまうのです。

 

インプラントになれば、歯自体が動くことがありません。ですから硬い食べ物でもしっかりと噛むことができます。また歯茎を傷つけることもありません。